増田の町並み散策で見つけた"素敵な麹屋さん"(2)

秋田県横手市増田町。この場所には明治初期から昭和30年代にかけて建てられた伝統的建造物が多く残っています。そんな素敵な町並みを散策していると、なにやら気になるお店がありました。そこでは、地域で作り継がれる麹をふんだんにつかった料理が提供されていました。

散策なら秋田の名酒造を見学!

日の丸醸造

増田町の風情ある町並みにそびえる秋田の名酒造「日の丸醸造」。
増田町は古来から良質の酒造好適米を産する穀倉地帯として有名とされており、全国からこの場所へ訪れる日本酒ファンは年間約2万人とも言われています。そんなファンたちに贈る日の丸醸造の主力商品は、「別格大吟醸 まんさくの花」。酒米の王様「山田錦」を38%まで精米して醸した同社最高峰の一本は、"秋田を代表する日本酒"とっても過言ではありません。

日本酒

写真手前が「別格大吟醸 まんさくの花」

日の丸醸造では常に内蔵が開放されており、一般の方でも見学することが可能です。
見学料は200円(税込)で、20歳未満の見学は無料。何と言っても見学料には、「蔵元限定酒や梅酒などの試飲」が含まれているため、本場の味を堪能したい方にはかなりおすすめです!
事前予約は不要(ツアー業者や10名以上の団体は予約必須)なので、それこそ増田の町並み散策にはもってこいのスポットです。

ラベル

日の丸醸造のラベルは個性豊かなものが多い

試飲できる日本酒

試飲できる日本酒

見学ガイドによる案内はないものの、日本酒造りに使われている道具の展示や、これまで販売されてきたラベルデザインなどが豊富に展示されています。そのため、1人でもグループでも楽しむことができますよ。
受付で見学を申し込むと、内蔵見学クイズラリーにも参加でき、4問以上正解すると「まんさくの花オリジナルシール」が貰えます。名酒造のオリジナルシール...日本酒ファンならぜひゲットしておきたいアイテムです!

日の丸醸造の内蔵

日の丸醸造の内蔵。「蔵の駅」の内蔵同様、神聖な空気が漂っています

「酒蔵工場を見学したい!」と思っている方におすすめしたいのが、「VR蔵見学」です。一般の方は立ち入ることのできない酒造工場を、なんとVRで見学することができるんです!
この見学方法は「酒蔵工場を見学したい!」という多くのお客様の声に応えるかたちで設置されました。VR蔵見学はショップスペースに常時設置されていて、誰でも利用可能です。VRゴーグルを着用して見学でき、専用のリモコンで酒蔵内を移動できます。
もし使い方がわからなかったら、スタッフに声をかけると優しく対応していただけます。

VR蔵見学

VR蔵見学は誰でも無料で体験できます

こちらは、まんさくの花をはじめとした名酒の数々を取り揃えたショップです。
蔵中を見学し、日本酒について知識を深めたところでこのショップに立ち寄ったが最後、きっと誰しもが美しいボトルの数々に目を奪われ、思わず購入してしまうことでしょう。

店内

店内では同社のお酒を購入できます

日本酒好きの筆者としては、目も心も奪われてしまう、そんなショップでした。
旅の思い出として購入し、自宅でしっぽり増田町を体感するのも乙なものだと思います。

DATA

施設名
【日の丸醸造 株式会社】
住所
横手市増田町増田字七日町114-2
問い合わせ
0182-45-2005
公式HP
https://hinomaru-sake.com/
見学時間
10:00~16:00
定休日
日曜日