森の巨人に素掘りトンネル、上小阿仁村の「珍」探検!

秋田のほぼ真ん中に位置する上小阿仁村。自然と歴史豊かな上小阿仁村は、国道から横道に逸れ少し奥へ入ると、至る所にあっと驚く珍しいものが待っています。奥深〜い上小阿仁の魅力を探す探検に出掛けましょう!

道の駅かみこあにの「珍しい!」

道の駅かみこあに

写真は「上小阿仁物産センター」。お食事処の「秋田杉の館」と隣接

縄文時代中期の集落跡「不動羅遺跡」があったり、マタギによって開かれた村里があったり、秋田県初の県営ダム「萩形ダム」があったりと、秋田の真ん中にして深い歴史を抱く上小阿仁村。村の国道をドライブしたことがある方は多いと思いますが、そこからちょっと脇道に逸れると出てくる出てくる珍しいもの。
今回はそんな上小阿仁村の「珍」探検です。拠点はおなじみ「道の駅かみこあに」。物産センターの入り口では、上小阿仁村PRキャラクターの「こあぴょん」が迎えてくれます。

こあぴょん

熊だと知られるとみんなに怖がられるのでウサギの頭巾を被っているそうですよ。かわいい…

初夏〜秋にかけてのおすすめは、村名産である生の「食用ほおずき」!
上小阿仁村は、日本有数の食用ほおずきの名産地なんです。日本でまだ食べられるほおずきが珍しかった1980年代中頃、全国に先駆けて栽培に取り組みはじめたのだとか。

生の食用ほおずき

8月中旬〜10月の旬の時期は生のほおずきが並びます。見逃せません

熊のこあぴょんにも“大好きなほおずきを食べ過ぎて身体がオレンジになってしまった”というエピソードが。それほど上小阿仁村のほおずきは美味しいんですね。
収穫のない時期は「ドライフルーツほおずき」が販売されていることもあります。こちらもほおずきの味わいが濃縮されて美味しいので、見かけたらラッキー!

上小阿仁村は台湾の萬巒郷(ばんらんきょう)の姉妹都市でもあり、物産センターに台湾銘品の特設コーナーがあるのも特徴です。

比内地鶏親子丼

「れすとらん野の花」の比内地鶏親子丼880円(税抜)

物産センターと隣接するお食事処「秋田杉の館」には、軽食から名産馬肉料理まで豊富なグルメが揃っています。
どれを食べようか迷ってしまいますが、北秋田といえば比内地鶏ということで今回は比内地鶏親子丼に決定。甘めのタレが卵とご飯によくしみていて、地鶏の歯ごたえと相まってボリューム満点。数量限定の早い者勝ちメニューですよ。

食事を終えたら、建物によ〜く注目してください。

柱
説明書き

「天然秋田杉 樹齢300年 小阿仁奥山地内」

樹齢300年天然秋田杉…!?
そう、高い吹き抜けのこの建物には、とんでもなく貴重な秋田杉が惜しげ無く使われているんです。
秋田杉といえば秋田県民にはおなじみですが、天然秋田杉の自生地は県内でも広くありません。標準的な樹齢は200〜250年と言われているので樹齢300年の天然秋田杉の柱は超希少。よそでは滅多にお目にかかれませんよ。

内観

会議スペースなどが並ぶ二階の廊下から、柱や梁をよく眺めることができます

精悍な秋田杉のエネルギーを得ながら腹ごしらえすれば、旅にも気合いが入るというもの!
いざ、上小阿仁村探検!

DATA

施設名
【道の駅 かみこあに】
住所
北秋田郡上小阿仁村小沢田向川原66-1
駐車場
有り
問い合わせ
0186-77-3238
公式HP
http://www.michinoeki-kamikoani.jp