歴史&グルメ&絶景。1日で小坂を丸ごと楽しむ旅!

明治時代に日本一の大鉱山として栄えた小坂鉱山。ご当地グルメ・かつらーめんに、町産の山ブドウ で醸造したワイン。そして、七滝、十和田湖の絶景。魅力いっぱいの小坂町を満喫するぜいたくなコースをご紹介!

小坂鉱山の歴史を感じ、学ぶ

明治時代にタイムスリップしたような風情のある「明治百年通り」

明治時代にタイムスリップしたような風情のある「明治百年通り」

明治時代後期、鉱山とともに繁栄した小坂町。鉱山を中心にして町は賑わい、それにともなって生活もどんどん発展しました。劇場・病院・鉄道・電気・水道などのインフラは、国内の他の地域よりかなり進んでいたのだそうです。旧小坂駅から続く明治百年通りは、当時のメインストリート。赤レンガが映えるレトロな趣の通りを散策してみましょう♪

国指定重要文化財の芝居小屋「康楽館」

国指定重要文化財の芝居小屋「康楽館」

明治43(1910)年、鉱山の従業員が休日に芝居を楽しみリフレッシュできるように、福利厚生施設として建てられたのが康楽館です。外観は明治モダンな洋風の建物、内部は日本の伝統的な江戸期の芝居小屋の様式。館内を見学することもできるので、芝居小屋の歴史について話を聞きながら、舞台装置や楽屋を観るのもオススメです。(入館料660円・施設見学のみ・税込)

DATA

施設名
【康楽館】
住所
鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2番地
駐車場
あり
問い合わせ
0186-29-3732
公式HP
http://kosaka-mco.com/publics/index/51/
国指定登録有形文化財「天使館」

国指定登録有形文化財「天使館」は、昭和7(1932)年に鉱山従業員の子どもの幼児教育施設として建設

明治6(1873)年12月、製錬技術を伝えるためにやってきたドイツ人技師クルト・ネットーが、村人たちを招待してクリスマスを祝いました。この時の様子を1枚の絵に記録し残していることから、小坂は「近代クリスマス発祥の地」と言われています。毎年12月になると、天使館周辺を中心に通りがイルミネーションで彩られます。(2020年のクリスマス・イルミネーションは、12月1日〜25日17時〜20時)

小坂鉱山のシンボル「小坂鉱山事務所」

小坂鉱山のシンボル「小坂鉱山事務所」。国指定重要文化財(写真提供:小坂鉱山事務所)

明治38(1905)年に建てられた小坂鉱山事務所は、当時の知識と技術の限りが注ぎ込まれた豪華な建物です。ルネッサンス様式とイスラム様式のいいところを取り入れた、明治の建築の最高傑作と言われています。町と鉱山の壮大な歴史の話を聞きながら、館内を案内していただきましたよ♪(入館料330円・有料ガイド100円(要予約)・どちらも税込)

見学のスタートは、鉱石クイズ。

見学のスタートは、鉱石クイズ。何の変哲もない石に見えますが、中にたくさんの鉱石が含まれています

明治中頃、日本一の銀山として発展していた小坂鉱山でしたが、日本の貨幣の基準が銀から金本位制へと変わると、銀の価値が暴落、閉山危機に陥った時期がありました。そんな時に目をつけたのが、写真の黒い鉱石。この鉱石から銅など多種類の金属を取り出す、世界初の自溶製錬に成功し、経営を復活させたそうです。

どっしりと存在感のある天然秋田杉の心柱のらせん階段

どっしりと存在感のある天然秋田杉の心柱のらせん階段

小坂鉱山事務所は、およそ400m離れた場所に建っていたものを、平成10(1998)年に移築し、もとの建物に使っていた材をそのまま使用して復原しています。復原する際にとても苦労したのが、このらせん階段だったそうです。1階から3階までの階段を一本の天然秋田杉の芯で支える構造は、とても難しい高度な技術なのです。幅広で安定感のある階段をぐるぐると上がり、2階へ。

バルコニーからの景色は最高!

バルコニーからの景色は最高!

イスラム様式のバルコニーは、普段なかなか目にしない華麗な作り。バルコニーに立って外を眺めると、まるで要人になったような高貴な気分になります♪ 上部には、当時鉱山の経営をしていた藤田組をイメージして、藤の花と田の文字が透かし彫りで装飾されています。

廊下から見える中庭の景色。

廊下から見える中庭の景色。当時使われていた、ベルギー産の輸入ガラスが残っている部分もあります

豪華な館内を回りながら、小坂鉱山の歴史についてたっぷりと話を聞きます。働き方改革にいち早く取り組んできたこと、製錬所から出る煙が与える環境問題から目を背けず、しっかり対策をしてきたこと、また、閉山後はリサイクル鉱山として活躍していること。とても書ききれない濃厚な内容なので、ぜひ一度、実際に訪れて見学してみてください。

DATA

施設名
【小坂鉱山事務所】
住所
鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48-2
駐車場
あり
問い合わせ
0186-29-5522
公式HP
http://kosaka-mco.com/publics/index/46/