キャミソウルブラザーズがオススメする秋田川反はしご旅!(3)

わがままボディのパーティーモンスターことキャミソウルブラザーズがわがままなボディの源でもある秋田の美味いものをオススメ!秋田川反からミシュランならぬ『キャミシュラン』の三つ星店をブラリご紹介します!

臨場感が味わい!の炭火焼き肉店

外観

赤提灯てのはどうしてこうも歩幅を広げさせてくれるのだろう。馬にニンジン。人に赤提灯

今回の「キャミブラり旅in秋田市川反」。
旅の〆を飾るのは炭火焼きホルモンしょうちゃん。さわやかな店主が笑顔で出迎えてくれます。
県内の焼き肉屋としては珍しく、Uの字のカウンターのみでお一人様でも気兼ねなくお肉たちと向き合えるお店。
「しょうちゃん」という店名は店主の名前から。焼き肉しょうちゃん。もう親しむ。先ほどのSake-Naviさんからは徒歩30秒ほど(めちゃ近いです)。
「新鮮な肉が目の前で捌かれていて、それを見るのも楽しいよ!」と、友人に紹介してもらったお店。確かに楽しい。ミノやハラミの舞い踊り。

内観

店内は広いとは言えないが明るく清潔感があり、女性でも入りやすい雰囲気。※補足・店主ベラボーにイケメン

臨場感のある焼き肉屋なんて見たことない(今見ている)。
しかも、開店時間が夕方4時からとめちゃ早い。閉店時間も深夜2時までとちゃんと深い。店主に聞けば「自分が美味しいご飯を早い時間から食べたかったし、遅い時間でも食べたいから。」とサラリと言う。笑顔はもちろん言葉までさわやか。
オオバと七輪を挟み、呑み交わすお酒もまたスペシャル。不思議と会話も和んでキャミブラ愛が深まるし、もし恋人同士であれば愛も深まるかもしれない。
そしてオススメされた「ひとくちシリーズ」が魅力的なのです。サイズ感が丁度良いのでおひとり様でもお友達同士でも楽しめますよ。シェアハピね。
この日頼んだ一口梅しそ冷麺500円(税抜)は別腹の存在を教えてくれました。これは「わんこ冷麺」でイケる!(※ふたりのわがままボディ調べ)

一口梅しそ冷麺

一口梅しそ冷麺500円(税抜)。わんこ冷麺サイズなので食べやすい。

名物のしょうちゃん盛り

名物のしょうちゃん盛り1,280円(税抜)。独自のルートで肉を仕入れているので、言わずもがな。鮮度最強肉

名物の「しょうちゃん盛り」は、やめられないミノ、トロホルモン、幻のハラミ、新鮮レバーの4種。どれも焼き方や食べゴロなど教えてくれるので嬉しい。さわやか。アテをチビチビ、ハイボールをコクコク飲みながらお肉たちの焼けるさまを見つめてはまた呑む。目が話せません。マナグそらさねでな。
(キムチの半殺しというメニューに必ず目がいきます。必ずです。)

厨房の様子

目の前で新鮮な肉を捌き(しかもお高くないときたもんだ!)そのままダイレクトに炭火まで。ナイトオブファイヤ

みんなで焼き肉

たまたま遭遇した友人。ちょうど酔いがまわり話があっちゃこっちゃホッピング。それもまた心地良い

偶然鉢合わせた友人も初来訪でしきりに感動を言葉にしていました。確かにここもまた来たい。というか住みたい。しょうちゃんの煙に包まれて眠りたい。

牛カレー

トロホロなお肉が溶け込んだカレー。最後に食べたいものリストにチャートイン。牛カレー650円(税抜)

フィナーレにどうしても食べたかったカレーを飲みながら店主の言葉を思い出す。
「ただ切られたお肉を出すだけではなく、捌く様子も楽しんでもらいたい。」なるほど。魅せる楽しませ方。それもひとつのホスピタリティ(サービス)になっている。
ただお肉を焼いて食べるだけではない秋田の夜の違う楽しみ方がここにあります。
優勝。違う、キャミシュラン。勝手に認定。もちろん三つ星。

DATA

施設名
【炭火焼肉生ホルモン処 しょうちゃん】
住所
秋田市大町5-2-7 1F
問い合わせ
018-853-5850
定休日
日曜日
営業時間
16:00~翌2:00