花と海を愛でる、大潟村〜男鹿市ロマンティックコース

大潟村と男鹿市を巡るデートにぴったりなロマンティックコースをご紹介。目指すは「恋する灯台」に認定されたロマンスの聖地「入道埼灯台」。旅を通じてとっておきの思い出を作りましょう♡

一年中花に囲まれたスポット

生態系公園の鑑賞温室では、秋でも大輪のハイビスカスが見られます

生態系公園の鑑賞温室では、秋でも大輪のハイビスカスが見られます

まずご紹介するのは潟上市の「生態系公園」。
「道の駅おおがた」から車で約2分、「菜の花ロード」からもほど近いこちらの公園は、海抜0メートル以下の干拓地に秋田の自然をまるごと再現した贅沢なスポットです。園内は、秋田の代表的な植物が配された「野外公園」と、珍しい熱帯植物が観賞できる「鑑賞温室」で構成されています。
なんと入園は無料!鑑賞温室は一年を通して開館しているので、ここに来れば年中美しい花々を鑑賞できます。

鑑賞温室

生態系公園の奥に位置する鑑賞温室。公園の正面入り口から真っ直ぐのところにあるのですぐにわかります

まずは正面ゲートをくぐって鑑賞温室へ行ってみました。
鑑賞温室の中は天井まで植物でいっぱい!

正面入り口のレイアウトも季節によって変わります

正面入り口のレイアウトも季節によって変わります!どんな植物がお出迎えしてくれるかお楽しみに

正面入り口では生き生きした緑と花々の寄せ植えが歓迎してくれます。11月上旬に秋田で撮った写真とは思えませんよね?
温室は3つのエリアに分かれていて、季節の花木、ハイビスカスなどの熱帯花木、多肉植物などをじっくり鑑賞できます。鑑賞温室の目玉はなかでも希少な「ヒスイカズラ」。翡翠色の花を咲かせるツル性植物で、4月〜6月は開花を一目見ようと大勢のお客さんがいらっしゃるそうです。

バナナ

収穫前のバナナを見たことがありますか?下部にあるクチバシ状の赤い苞(ほう)の中に花が咲くそうです

驚くことに、温室内にはバナナやパパイヤの実が通年ぶら下がっています。植物をわかりやすく解説した掲示物がちりばめられているのも見どころ。宝探しする気分で室内を回れば話にも花が咲くこと間違いなしですね。

多肉植物のゾーン

こちらは多肉植物のゾーン。サボテンが箱庭に寄せ植え展示されていてメルヘン

鑑賞温室の中にも四季があります。生態系公園の所長さんとスタッフさんのおすすめ時期は、なんと冬!寒くなると、日が短い時期に開花する短日性植物が見頃に。「シャコバサボテン」、「金のなる木」、ラッパのような花が咲く「オレンジトランペットバイン」など、冬に開花する花は意外と多いそうですよ。

冬に見頃を迎える「シャコバサボテン」の花

冬に見頃を迎える「シャコバサボテン」の花

冬でも南国の世界へ遊びに行けるなんて、ロマンチックですよね。
フラワーアレンジメント教室や門松作りなど四季折々の講習会もあるので、興味のある方はウェブサイトをチェックです!

夏はザリガニやカブトムシを捕る子供たちで賑わいます

夏はザリガニやカブトムシを捕る子供たちで賑わいます。なんと蛍も見られます!

そして野外公園の散歩もデートにぴったり。
散策路を取り囲んでスギ、ブナ、ケヤキ、アカマツなどの林が並び、川や湿地の環境も再現されています。園内は平坦で歩きやすいので、老若男女を問わずゆっくりのんびりできる最高の散歩コースです。

ハンモック

降雪前の時期は園内にハンモックがかかっています。お昼寝してもOK!

ベンチがたくさんあり、お気に入りのスポットで休憩できるのもポイント。明るい木漏れ日が降り注ぐスギ林の中で、ベンチに腰掛けて一休み…なんて、とっても素敵ですね。
季節折々の魅力があるので、何度訪れても楽しめます。
園内は飲食OKなので、お弁当を持ってピクニックもいかがでしょうか。

DATA

施設名
【生態系公園】
住所
大潟村字東一丁目一番地
駐車場
有り
問い合わせ
0185-45-3106
公式HP
http://www.seitaikeipark.jp
開園時間
9:00~17:00
休園日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日)・12/29~1/3(野外公園は12/10~3/9まで冬季休園)

たっぷり緑に癒やされた後は、大潟村をドライブしながら海を目指します。