冬は県北でモフモフの秋田犬と木の温もりを感じよう

寒い冬こそ、ほっこり癒やされるお出掛けをしてみませんか。今回は、大館・北秋田のぬくもりあふれるスポットを満喫。秋田犬や曲げわっぱ、素敵なカフェもご紹介します。

モフモフ秋田犬に心がほっこり

秋田犬会館の前にある銅像「望郷のハチ公像」

秋田犬会館の前にある銅像「望郷のハチ公像」。生まれ故郷の大館市大子内の方向を向いている

飼い主への忠誠心が厚く従順な性格といわれている秋田犬。冬でも秋田犬に会える「秋田犬会館」ではその歴史を学ぶことができます!
「秋田犬会館」は大館北インターチェンジから車で約10分。昭和52年に秋田犬保存会の創立50周年を記念し設立され、秋田犬保存会の本部事務所や秋田犬博物館、秋田犬グッズ販売コーナーなどが集まっています。4月中旬〜11月中旬までは、外の犬舎で秋田犬を見学することもできますよ。しかもなんと、事務所には秋田犬がスタッフとして出勤しているらしいのです。という事でのぞいてみましたよ~!

受け付けカウンターでお出迎えしてくれたのは、看板犬の

受け付けカウンターでお出迎えしてくれたのは、看板犬の"昴(すばる)くん"

「ようこそ秋田犬会館へ!はい、チケットどうぞ~」
1階の秋田犬保存会本部事務所では、血統書の作成・展覧会の運営・会報の発行などを行っています。受付でお出迎えしてくれた昴くんは秋田犬界のイケメン!という感じで、体が大きくてかっこいい虎毛の男の子。体重は約40kgあるそうです。
博物館の入館料は大人200円・小人100円(税込)。

左はくろべえくん、右は銀くん

左はくろべえくん、右は銀くん

チケットを受け取ると、おや?足元にモフモフした感触が。可愛い2匹の秋田犬が興味深そうにやってきました。これまたイケメンくん!虎毛の"くろべえ"はやんちゃでおやつに目がない肉食男子。そして赤毛の"銀(ぎん)くん"は、おっとりマイペースな草食系脱力男子。見ているだけで癒されますね〜〜。

最近は事務所で過ごす秋田犬の姿が秋田犬保存会のTwitterで大人気なんです!是非ご覧ください

最近は事務所で過ごす秋田犬の姿が秋田犬保存会のTwitterで大人気なんです!是非ご覧ください

ちなみに事務所にいらっしゃるスタッフさんはみんな女性なんです。昴、くろべえ、銀くんにとって、ここはハーレムですねぇ。笑
現在はコロナウィルス対策のため触れ合いは行われておりませんが、昴くんは平日に、銀とくろべえは月水金に出勤しているので、訪れた際は事務所をのぞいてみてくださいね。
名残惜しいけど、もっと秋田犬について学ぶため3階の博物館へ行ってみましょう。

博物室には秋田犬の特大パネルが

博物室には秋田犬の特大パネルが。秋田犬の犬籍、生態、飼育映写、伝記、その他の資料が保存展示されています

「秋田犬博物館」は日本の犬種団体では唯一の博物館で、天然記念物である秋田犬の資料が展示されています。秋田犬の祖先はマタギ犬という中型の山岳狩猟犬なのだそう。秋田犬がマタギとともに熊を狩猟していた時代から、日本犬を代表する犬種となった現在までの歴史が、写真や人形で詳しく紹介されています。その他、秋田犬にまつわる物語や、忠犬ハチ公に関する写真や資料が展示されていました。

秋田犬保存会の本部展で最高級の犬と認められた、歴代名誉章犬の写真

秋田犬保存会の本部展で最高級の犬と認められた、歴代名誉章犬の写真

来館記念の専用台紙に4種類の秋田犬のスタンプを押して持ち帰ることもできますよ。お子様も楽しめますね♪

運よく写真を撮れました!

運よく写真を撮れました!「秋田犬グッズのお土産コーナーがあるから見ていって~」と銀くんからのお誘いです

オリジナルグッズも充実

オリジナルグッズも充実

1階のグッズ販売コーナーも見逃せません。平昌オリンピックフィギアスケート女子金メダリスト アリーナ・ザギトワ選手に贈られた秋田犬「マサル」がモデルのハンドパペット1,000円(税抜)や、刺繍入りのオリジナルタオルハンカチ500円(税抜)、ここでしか買えない缶バッチ100円(税抜)なども。秋田犬づくしでお土産選びに迷っちゃいます。
個人的にいつもTwitterでみていた秋田犬たちを、生で見ることができて感激でした。長年多くのみなさんに愛されてきた会館へ、是非お出かけください。

DATA

施設名
【秋田犬会館】
住所
大館市字三の丸13-1
駐車場
あり
問い合わせ
0186-42-2502
公式HP
http://www.akitainu-hozonkai.com/
営業時間
9:00~16:00